脊柱管狭窄症の鍼灸治療 | 表参道ビオ東洋医学センター

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は未解明な病

脊柱管狭窄症の謎

最近はこの疾患名で当院にいらっしゃる方が増えました。

医学事典を要約すると、
「脊柱管が先天的ないし発育性に狭小であったり、後天性に狭小したもの。腰椎、頚椎に多く観られる。腰椎にあれば、間歇性跛行や疼痛、しびれが、頸椎では脊髄症状の原因となる。たいていは年齢変化が加わって発症するので、中高年に多くみられる。手術療法が必要なことも少なくない。」

脊柱管狭窄症と言うものの…

医療機関による診断に対して、鍼灸における症状の改善、回復の結果が、必ずしも一致しないため、常に疑問を抱えつつも鍼灸が良く効いてくれる病のひとつだと認識しています。

MRIによって診断確定されるこの病は、早いうちの手術を勧められることが多いようです。

是が非でもそれを避けたい方にとって鍼灸治療は望みとなるようです。

背骨にある神経が通る管が狭くなって神経を圧迫する病が、鍼灸ではたして改善されるのでしょうか。

常識から言えば難しいように思われますが、鍼灸は医学常識では説明できないことが起こりうることがとても多いのです。

何より、診断を下した際の医学常識が、はたして本当に正しいのかどうか。

脊柱管が狭い状態でも症状がない人が大勢いるのも事実です。

画像による検査は確かに肉眼で起きている事実を提示されますから、言われるがままを受け入れてしまうことはなかなか避けられません。

膀胱直腸障害までことが及んでいるなら別ですが、画像診断のなかった時代の脊柱管狭窄症は、おそらく坐骨神経痛、椎間板ヘルニアと診断され、そのための治療が施されていたはずです。

(私は修業時代、整形外科でリハビリを担当していました。当時を振り返ると、脊柱管狭窄症という疾患は今ほど多くありませんでした。)

当時の医学で脊柱管狭窄がありながら、坐骨神経痛と診断されたものが、坐骨神経痛の治療で症状が改善され、治って行く例がいくつもあったわけですから、脊柱管が狭くなっていることが症状のすべての原因ではない可能性があります。

脊柱管狭窄症と診断され、手術をしないと徐々に歩けなくなると言われたたものが、鍼灸で歩行時間や距離が伸びたり、症状がすっかり消えてしまうのはいかなる理由によるものか、もっと謙虚に考えてみる必要があるのではないでしょうか。

ある症例から

60歳女性
半年前、歩行時に腰痛が出た。
3分と歩けない。
病院では脊柱管狭窄症の診断。
手術を勧められたが切られたくない。

治療は鍼と灸は初めて受けるが、とても良いと知人から聞いている。

週一回の治療で3ヶ月過ぎた頃には30分くらい歩けるようになってきた。
「徐々に歩けなくなるという病気なのだから、その逆の力を頂いている。治ると思うからよろしくお願いします。」と言われた。

最近の手術は傷が小さいと言われるが切ることには変わらない。
切る前と切ったあとの身体は、私たちの鍼灸師の見立てではあきらかに違う。こちらも切らないで済ませたい気持ちは同じ。

半年後には一時間歩いても何ともない。
それ以上は歩く機会がないので、わからない。

散歩は脊柱管狭窄症の間歇性跛行の治療に通じる。
歩けるようになれば、歩行と鍼灸治療で脳もどんどん活性化し、考え方が前向きになる。
発症する以前より体調が良くなり、若返って見えるので周囲から声がかかる。

一年後に画像を撮ってみると狭窄はほとんど変わっていない。
手術はすすめられなかった。


脊柱管狭窄症は治療していると一気に良くなるのではなく、少しずつ改善がみられていく。最低でも半年の治療経過を見ていく必要があります。

脊柱管狭窄と痛みしびれ、間歇性跛行の関連はどれだけあるのだろうか。

手術で狭窄を改善して、一時良くなるも再び症状が出現するひとがいる。

やはり、直接の原因ではないのではないだろうか、という思いが膨らむ。


切らずに治るかどうか、鍼灸を試してみる価値は大いにあると思います。


診断後すぐに手術をすすめたい気持ちも分からなくないですが、受けるのは患者さん。

精神的負担や、切る前とあとの変化がどうなるかの予測は出来ないので、患者さんにもう少し考えたり調査する余裕をあたえてみてはと思うところです。

注)当院の鍼灸治療は、長野式と呼ばれる鍼灸治療です。
文中に出てくる鍼灸処置法は、長野式鍼灸治療によるものです。

脊柱管狭窄症鍼灸治療ご予約はこちら

03-3406-8288

受付時間
11:00より19:00(月〜金)
11:00より16:00(土)

ホームページを見てとお電話してください。

ネットでの予約はこちらから

LINE@でご予約・ご質問ができます。