鍼灸適応症(効果のある病気)

鍼灸適応症(効果のある病気)

こんな病気・症状に効果があります

一般に、鍼灸療法は肩こり,腰痛、神経痛、関節炎など運動器疾患だけが対象であるように思われがちですが、内臓疾患など多くの症状や病気に効果があります。

鍼灸の適応例

最近、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表しました。
鍼灸療法で有効性がある病気には、次ぎのものがあります。

【神経系疾患】
◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
【運動器系疾患】
関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めている疾患

【神経系疾患】
◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
【運動器系疾患】
関節炎・◎関節リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

◎の神経痛、リウマチ、頚肩腕症候群、頸椎捻挫後遺症、五十肩、腰痛は、日本の厚生省が渋々保険適用をみとめた疾患。しかも認めただけで利用には様々な障害が…。世界に遅れをとっている日本の東洋医学。(情けない…。)


表参道ビオ東洋医学センター(鍼灸マッサージ)で多く扱う疾患
【神経科系疾患】
坐骨神経痛  三叉神経痛 肋間神経痛 慢性頭痛 パーキンソン病 他
【運動器系疾患】
腰痛(急性 慢性)肩こり 五十肩 背部痛 椎間板ヘルニア 関節炎 筋肉痛 腱鞘炎 寝違え ムチウチ症 バネ指 頸腕症候群 他
【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【婦人科系疾患】
生理痛 月経異常 子宮筋腫 子宮内膜症 不妊症 更年期障害 冷え症 他
【消化器系疾患】
慢性胃炎 胃痛 食欲不振 便秘 下痢 消化不良 胃・十二指腸潰瘍 他
【泌尿器系疾患】
腎炎 尿道炎 膀胱炎 頻尿 他
【内分泌系疾患】
糖尿病 慢性関節リウマチ 膠原病 甲状腺疾患 肥満症 他
【耳鼻科系疾患】
耳鳴り 難聴 アレルギー性鼻炎 花粉症 副鼻腔炎 他
【眼科系疾患】
眼精疲労 ドライアイ 白内障 緑内障 眼瞼下垂 網膜症 仮性近視 他
【小児科系疾患】
発育不良 夜泣き 夜尿症 他
【その他の疾患】
自律神経失調症 線維筋痛症 うつ病 パニック障害 慢性疲労症候群 疲労倦怠感(だるい やる気が出ない 朝、起きられない すぐに疲れる 寝ていたい等) アトピー性皮膚炎 パーキンソン症候群 脱毛症(部分、全体) 呼吸がしにくい ホットフラッシュ
◎ 疲労はなんとなくだるいくらいのうちに対処しておきましょう。

自覚できる症状や違和感があるにもかかわらず、医療機関で検査をしても異常がなく、治療法がみあたらない方。

現代医学が無力な病でも、東洋医学では解決できることがあります。

東洋医学は病名で治療をするのではなく、体質を治療していくからです。お気軽にお問い合わせ下さい。