原因不明の脚の痛みに対する鍼灸治療 表参道ビオ東洋医学センター レイノー病による痺れ・痛みの鍼灸治療
トップページコラム− 原因不明の脚の痛みに対する鍼灸治療

原因不明の脚の痛みに対する鍼灸治療

原因不明とは?

脚の痛みについてお話しします。

その前に、そもそも原因の有無に関わらず、痛みというのは、痛みそれ自身に主たる原因がなく、体が異常を起こした時に起きる反応、ミスを知らせるサインと考えるといいでしょう。

原因の結果であり、原因ではないということです。

いそがしい病院や小さな医療機関では、「なかなか治らない」「原因がわからない」という場合、もとの「原因」の見極めもそこそこに、結果である「症状」にばかり注目して治療が行われてしまいます。

痛みを止めるだけで終わるなら、病人にとっても医者にとっても、楽だし手間がかかりません。

人体、生命をちょっと侮っていますが、「つべこべ言わず、痛みだけとってくれればいい」という人も多いので、病院だけ責めるわけにはいきません。

現行の医療保険制度では、足の痛みに対して基本的に足の治療にのみ報酬が支払われるということも、私たちは知っておかなければなりせん。

その点、鍼灸では、脈や腹を診て、場合によっては舌を診たり、患部や近辺の筋肉や関節、皮膚の状態、骨格のバランスを診ながら、全身の状態から判断している先生が多いです。

整形外科によっては、脚(足)が「痛い」といえば「脚(足)のレントゲン検査」と、オートマチックな流れがあるようです。 骨格や腫瘍があれば別ですが、レントゲンで原因を探るのは難しいです。

何も画像に写らないと、原因不明と言われることがあるかもしれません。

これだと原因不明ではなく、追求不足ということです。

多くの場合、原因のわからない下肢(脚、足)の痛みは、鼠蹊部や腰、背中、首など遠位の場所に血流障害があったり、圧迫があったりして起きていることが多く、原因不明ではなく原因にたどり着くような診断をしていないということが殆どです。

原因のない痛みは無い

例えば、脚の外側の痛み。

東洋医学では胆経筋の異常です。

胆経筋は体の外側の壁、柱としての役割を担っています。
脇腹に緊張のある方は内臓下垂、または体のねじれ現象によって足の外側に異常が出ることが多くなります。

また、腰椎の3番目あたりになんらかのプレッシャーがかかっていることがあります。

太ももの内側の痛みは、
生殖器、肝臓、膵臓の異常、また腹部の冷えなども 鼠径部(脚の付け根)に緊張があり(腸や子宮の下垂による)、下肢への血流が妨げられていることが多いです。 デスクワークの方は身体の構造上、鼠蹊部から下肢への血流が流れにくいために回復に支障をきたします。

その他は今後書き足していきたいと思いますが、原因不明やなかなか治りにくい痛みの理由というはどれも大体同じです。

痛みにばかり目が行きがちですが、それはあくまでも何かの結果、異常を知らせるアラームだったりするわけです。

火事が起きていることを知らせるアラームを止めたところで、火事は消えません。

痛みの原因は様々ですが、痛みがあるということは機能は正常ということでもあります。

いちばんよくないのは痛みで知らせても、放置(我慢)してしまう場合。

慢性化してしまう場合もありますが、もっと別の方法で知らせようと、他の疾患を利用することもあります。

出来るだけ、原因を見つけ、その対処に努めることがこれから先の病気や老化を防ぐことになります。

これから先というのは、確実に今より老いているいるわけですから、今より先になるほど治りが悪くなる可能性を秘めているということになります。

「なぜ早く治療に来なかったのか」

という言葉は、本来そういう意味で使われるのですが、なかなか治せない症状に対していう先生が多いので困りますね。

痛みは生活や仕事での生産性、頭の働き、心の働きにブレーキをかけます。

容易に取り除けるうちに、原因から取り除いておきましょう。

痛みの原因としては構造的なもの以外にも砂糖、心理面ではストレス、トラウマなども見逃せない因子ですから、整形外科的検査だけでは、診断がつかないケースも多く存在するのです。

鍼灸治療のご予約

お電話でのご予約
03-3406-8288
ホームページを見て…とお電話して下さい


メールでのご予約をご希望の方は、下記フォームからご連絡下さい。
*マークは必須項目です。

*お名前:
*ふりがな:
*連絡先メールアドレス:

※info@bio-qi.comからご連絡を差し上げます。携帯メールアドレスで受信制限をされている場合は解除設定お願いします。詳しくはこちら。また一部、フリーメール(hotmailなど)では当院から連絡が迷惑メールになることがあります。お手続き後、内容確認の「自動返信メール」が届かなければご確認お願いします。
*連絡先電話番号:
ご希望の治療・施術をお選びください

ご来院のご希望日時をご記入下さい。

*第一希望:
第二希望:
第三希望:
指名がございましたらお選びください
他に気になる症状、希望する施術などがございましたらご記入ください


※当院は完全予約です。新規の方は1日3名迄とさせていただきます。
ご予約はこちらから営業案内お得な携帯会員サイトマップトップページヘ
予約制 03-3406-8288
受付時間午前11時〜午後7時
表参道ビオ東洋医学センター 東京都渋谷区神宮前6-29-3原宿KYビル6F
Copyright Omote-sandou Bio Toyou.2009.無断転載を禁じます。
Content-type: text/html Error
ファイルエラー
ログファイル<log/201705/24-log.cgi>が開けません。Mode = W
Equal DebugGood 24, 4 = 24, 5