Monthly Archives: 7月 2014

健康法や民間療法のお話

○○療法でがんが治った…

ひと昔前は、癌はこれほど多くはなかった。

私が子供の時分では、どちらかといえばめずらしい病気だった。

癌を宣告されるとたいていの場合、あっという間に亡くなった。

だから、余計にがんの告知は衝撃的であり、ショックも大きかった。

いまも昔も治療法は同じだが、薬はいま以上にきつく、手術は大ごとであった。

そこへ容赦なく放射線だ。

これではさすがに生き延びるのは難しい。

癌は死を意味していた。

当然患者さんが受けるショックは大きい。

本人に告げて、取り乱されたりすると面倒なのか、家族に告知することの方が多かった。

医者はフォローの術を持たないし、患者さんの心のケアなどしないのだ。

なにしろ、(日本の)西洋医学ではつい最近まで「心身二元論」と言って、心と体は別のものと言い張っていたのだ。

「病は気から」の東洋医学からすれば、笑ってしまうほどオバカな理屈である。
ところで、その必ず死ぬと思われたがんであるが、

不治の病と言われる癌であるが、治ってしまうひとも少なからず存在する。

不治ではないから。
ところで最近、あちこちで目にするのが、

なんとか療法で治った!

○○ジュースを飲めばどんな癌でも治る!

といった類いのブログとか書籍とか。

あまりに目につくので、少々うざったい。

それをまたFaceBookなどで無責任に、

「シェアします〜!」

なんて言うのを見ていると、ふだん穏やかな私でも少しイラつく(笑)

よ〜く考えてみよう。

細胞を殺すために作られた「抗がん剤」を服用し、放射線をあてられ、メスで切られ、そんな乱暴な治療を受けながらも、癌をどうにか制圧してしまう人がいるのだ。

もともと強い人、もともと治る力のある人だ。

そういう人が、ジュースや酵素で治ったと勘違いしているとしたら?

ジュースを飲んでも亡くなる人はいるし、酵素でも波動水でも治らない人がいるのだから、やはりパーフェクトではない。

つまり、人によるのだ。

そこを間違わない方がいいと思うが…

Leave a Comment

Filed under 雑感