Monthly Archives: 6月 2014

身体のルール

そのような身体の使い方(食べる、動く、休む、思う)をすると、身体は反応して病気になると決まっていたからそうなった。

つまり、そうでなければ死んでいたのかもしれない。

病気になるということは、もとから決まっていた避難場所に逃げ込んだということ。

もとから決まっていたから、身体はこういう場合には熱で対応する、眠気で対応する、嘔吐で対応する、汗で対応する、咳で対応する、排便で対応する…といった反応をする。

突然の出来事でも何でも無い。

本来の、もとからあったルールに従っただけ。

ルール通りならそのまま身体に任せておけば良い。

ルール通りでないものとは、

冷やしたのに熱が出ない
温めたのに汗が出ない
毒を入れたのに吐かない

などである。

身体のルールは、人が決めたものではなく、環境との折り合いで出来上がって来たもの。

もとから決まっていたルールだから、システムは予定通りに作動(病・症状=反応)する。

 

Leave a Comment

Filed under こころとからだ, 雑感